wakushima blog

その時の気分で食べたいランチを。

言うほど外食も多くないのですが、夜ご飯を食べに行くことも少なくなってしまいました。最近楽しみの一つでもあるのはお昼ランチ時、訪問先の最寄りの駅周辺にてその時の気分で食べたいランチを食べログで検索し偶然それにはまるお店がありましたら訪問してみる。自分の楽しみでもあります。

ピザ屋さん、ラーメン屋さん、天丼屋さん、蕎麦屋さん、中華屋さん、魚定食屋さん、そう多くはないですがごくたまに気分でランチを満喫しております。初めて入店するお店で若干お店のルールが分からずドキドキ致しますが、そこから自分の流れに持って行くのも楽しみの一つであります。

一人で入店しますので、カウンターに通される確率も多いです。カウンターはさらに楽しみが増えます。キッチン、厨房など調理をしている光景も見られます。この光景も込みでのランチを食べますとより楽しむことが出来ます。それでいて値段は千円前後であります。納得の価格です。

初めての入店、一人でアウェイの状況から少しずつ自分のペースに持っていく事は入り口難しくもありますが、ポイントとなるタイミングで一気に引き寄せる、入り込むなどの駆け引きは醍醐味でもあります。

そのような事すら気にせず、普通に堂々と入店すれば良いのでしょうが、私が外食に慣れていないという事でもありましょう。今日の北摂でのピザ屋さんは一人での来店は私のみ、背後のお客様からの視線も感じました。お二人の店員さんからの視線も少し感じました。

ポイント、ポイントでうまく入り込み、引き寄せる事が出来たと感じております。最後お店を出る時には、次回は落ち着いて入ることが出来ると胸を張った状態でお店を出る事が出来ました。

今よりももっと頭を使って働いてみてください。

リモートが増えました。ZOOM面談が増えました。自宅での仕事が増えました。よれにより自由な時間も増えました。平日でも数時間は休日の様なリズムになります。平日と休日の境界線が無くなってきました。

やもすると実質働いていない方が一週間の中で多いのでは、という心境に自分自身が感じる。実際に働いていない訳ではありません。あまりにも効率よく業務が出来てしまうと体力が有り余ってしまい、もっと働きたくて仕方がなくなるという感覚であります。

陸上で言いますと1500メートルのインターバルをする体力がまだ余っている状態。走りたくて走りたくて気持ち的に仕方がないという状態であります。今までの仕事の仕方がある意味効率が良くなかったのでしょう。

今のZOOMを活用するリモートの環境に慣れてきますと、週休2日所謂土曜日日曜日の休日が私の体には合わないです。と言いましても、元々弊社私は土曜日は休日でないので日曜日休みの実質週休1日となります。

それでも私自身は週休1日でも十分かと感じてしまう。それくらいZOOMなどによる業務の効率化は革新的なものであると気づかされます。自分に対して働け働けと労働を強いているわけではありますせん。

好きでやっている仕事ですからもともと労働でも何でもないです。業務をするいわゆる働く事だけが日常でも何でもないと感じる時も多々あります。しかし働くことにやりがいを感じる、生きがいを感じます。働くことで自分の存在を記そうと感じてもいます。

だから今働くことに感じては、自分が働きたいときに働きなさいと自分に言い聞かせています。しかし同じ働くのであれば今よりももっと頭を使って働いてみてください。頭を使うことが何なのか難しいですが、結果論の話にはなりますが、頭を使って働いてみてください。

シャルマンどんどん頑張りなさい。様々な方のビジネスモデルを勉強していきながら強固なものにしていきたい。

10年前独立した時と今とで少しですが心境が変わってきました。しかしまだ10年前の心境の変化に浸るほどでもないのだと思っております。

シャルマン、頑張りなさい。思い残すことのないよう働いてください。

空港内オフィスに支店を構える、これはブランドであります。

飛行機で福岡空港に到着致しました。次の予定まで2時間ばかし時間がありましたので、福岡空港のレストランなど施設に留まり作業をすることにいたしました。コロナの時期という事もあり行きかう人の姿は多くはありません。

カフェなどもかなり空いております。いくつもカフェがあります。飲食店もあります。ロビーももちろん広くきれいであります。トイレも完備、しかも綺麗であります。ちょっとしたコワーキングスペースよりもかなり快適でありました。

作業ははかどる、仕事ははかどる。今まではすぐにとりあえず博多まで行き、そこで喫茶店に入り時間を消化しておりました。長時間コーヒー1杯で滞在し続けるのは体勢もきつく、どことなく気が引けるので無駄に喫茶店をはしごしておりました。

博多空港いいではないですか。ありです。何と言っても博多空港という施設がまずきれいであります。緊急事態宣言が解除され、コロナ後人の動きがどうなるのかでまた判断も変わるのかもしれませんが、空港、駅など、ステーション化されている所でのコワーキング、時間の有効活用は今後の生活空間、活動範囲に何かしら変化を与える可能性もあるなと気付かされました。

コロナ禍でのリモートワークとは違った別の気付きであります。自分の価値観での交通インフラ、ステーションの在り方であります。地方都市においては今後都市計画として空港施設を再確認、再構築してみるのも大きなヒントになるのかもしれない。

駅と空港と住宅。空港をただの空港施設としてだけ利用するのはもったいない。もっと空港を活用できる。活用なんて言葉を遣うレベルではないとも思う。空港内オフィスに支店を構える、これはブランドであります。

人口の分散、地方の活性化にも大きなヒントに、地方進出の大きなヒントになるように感じた。

弊社の目指す、目標とするシャルマンカレッジBiz部。

シャルマンカレッジBiz部ZOOMでの開催でありました。香港からの登壇でもありました。シャルマンカレッジ感がありました。ZOOM感がありました。弊社も非常に助けられている。

電子レンジのお話し、エネルギーのお話しまた勉強になりました。数年前にシャルマンカレッジにご登壇をされ、その話をお聞きし、早速ご自身で実践をされ現在まで十分な効果を上げてらっしゃる方も今回で気づきとなりました。

毎回のシャルマンカレッジ、しっかりと食らいついて聞き、質問をし、勉強になりました程度に終わらせず、自分のものに吸収をしてらっしゃる方の存在も再確認出来る形になり私としては嬉しいです。

Biz部を通じて良い話を皆さんに聞いて頂きたいとは思っていません。良い話を聞きたいときはYouTubeで様々な偉人の話、スピーチ、決算発表、対談などを聞くのは一番勉強になるのではと感じている。しかも手軽に、自分の好きな時に。

私は、時間があれば部屋にこもり、様々な方のスピーチ、決算発表を聞くことがよくある。それぞれ分野は違うものの、かなり勉強になることが多くあります。さらに時間の効率化を図るため、もちろんYouTubeはプレミアム会員です。

先ほど確認致しました。YouTubeプレミアムは全体の1割の様です。プレミアム入る価値はあると感じています。

そして話は戻りますが、シャルマンカレッジ Biz部においては役に立つ話を聞き、それを自分のチカラに、吸収していただき、自分の糧にして頂く。これが弊社の目指す、目標とするシャルマンカレッジであり、Biz部であります。

その意味でもその方の存在は嬉しかったです。Biz部終了後も、すみませんがもっとお話をお聞きしたいんですとの問い合わせを頂きました。早速別日にて日程調整を致しました。両方の方々とも喜んでらっしゃいました。

もちろんBiz部において良いお話を提供したいと思っております。しかし良いお話を提供しようとは思っていません。皆さんに吸収していただいて、力にかえて、糧になってこそであると思っております。

むしろ話の質は別にして、吸収していただき、力に糧になるのであればシャルマンカレッジであります。

さあ、シャルマン、頑張りなさい。

面談において、会社の戦略としても展開する時には思い切って攻める。

今後の事業の発展を大きく占う展開であります。多少の支出はもちろんありました。少ない支出ではない。しかし決して無駄な支出ではない。おおきなプロジェクトなだけでありました。

その決断から、何十年の過程であの時の決断が戦略的にもはまり会社を助けてくれたとのこと。また会社が危機の時も大きく会社を助けてくれるものになっていたとの事でありました。ある程度の支出を伴う事業の決断をする判断力と勇気が試されるものであったとの事でありました。

今までにしたことのない判断経験、経験がないだけに決断をしなければならないのか。判断をせず現状維持を保つ事も可能でありました。しかしその会社さんはその事業への決断をされたとの事です。そこが経営者であったとつくづく振り返ってらっしゃいました。

会社の多くに反対をされた、でも会社のために決断をしたとの事でした。そして間違いなく会社を大きく飛躍させるきっかけとなったとのことです。会社の歴史の中で決してクローズアップされる出来事ではないのですが、私はあの決断が大きく会社の未来を決めたと思っていますとのことでありました。

経営者、経営者、経営者。博打を張るような判断をあえてする経営者はなかなかいないでしょう。経営者も会社の事を思って判断されるでしょう。

雇われの経営者ではありません。自分の会社の経営者であります。一番会社の事を可愛いと思っているでしょう。一番会社の事を思っているでしょう。

決断を迫られる時があるのでしょう。思い切った決断をする時があるのでしょう。決断の大きさは別にしましても決断をする時がくるのでしょう。

さあ、シャルマン、頑張ってください。

ふと思いつく時があります。

お風呂に入っている時、顔を洗っている時、クルマを運転している時、マクドナルドで食べている時など。

何か考え事をしているわけでもなく、突然、お客様の、取引様の顔が頭の中に飛び込んできて、このお客様とこのお客様を、またこのお客様とあの方をお引合せした方がよいという具合に頭の中に飛び込んできます。

またなんでこの時にと我に返る思いです。性格的なものなのでしょうか。体質的なものなのでしょうか。

弊社のお客様のビジネス拡大のためにお引合せはさせて頂きたく思います。現在弊社で百数十社になります。お客様とお客様の掛け合わせをどんどん拡大していきたく思っています。

お客様が増えますと、もちろん弊社は嬉しい限りでありますし、弊社のお客様にもビジネスチャンスの拡大という点で直接的に喜んで頂ける。二百社になってきますとまた展開、景色も変わってくるとでしょう。

新規のお客様の拡大に特別時間を費やすことはほとんど出来ていないので、時間があるのであればとことんお客様のお客様一覧表を眺めながら掛け算作業を考えてみたく思います。掛け算作業は普段から心掛けをしていないとなかなか出来る事ではないはずです。

お客様一覧名簿は基本動作であります。この動作は基本動作として日々貪欲に愚直に研鑽を積んでいきたい。

急遽、名古屋校の会食参加させてもらってよいでしょうか。

もちろんです。ぜひっ。急遽どころかむしろ有難いです。また次回博多の会に合わせて福岡出張を組みますので、博多も参加でお願いします。まあ、有難いお話であります。皆さんには、ぜひシャルマンカレッジを上手く、ついでとして、きっかけとして活用頂けましたら嬉しいです。

Biz部会食におきましては、現在全国6か所で決まったスケジュールで定期的に開催をしているというのも取柄であります。是非ついでにスケジュールを合わせてください。せっかくの出張がもったいないですから。せっかくの交通費がもったいないですから。

ドタキャンももちろん大丈夫です。全くドタキャンは気にしないでください。ドタキャンを気にして、スケジュールの組み方、気を遣うのはもったいないですから。弊社がシャルマンカレッジを展開する限りにおいては、徹底的にドタキャンはOKにしていこうと思います。ドタキャンを気にしないのが私の理想でもありますから。

次名古屋いつですか、次大阪いつですか、次博多いつですかと、日程を気にして頂ける方が徐々に増えてきたように感じております。とことん定期的に開催し、強く強くしていきたい。そして次いつですかと思って頂けることが有難いです。じわっと嬉しいことであります。

ワクワクドキドキする感情をもって今の仕事が出来る事を嬉しく感じます。

また一つサイトを作成いたしました。サイトと言いましてもシャルマンカレッジに関連したものでありますので、真新しいものではありませんが、欲しいサイト、ぜひ作成したいサイトでありました。

このサイトを作ることで弊社にとってどれだけメリットがあるのか、プラス作用に働くのか分からないですが、このサイトを作らないことが弊社自身がチカラを出し惜しんでいるように思ってしまったのでつい衝動的にサイトを作成しました。

一つの思いで衝動的にサイトを作成しましたが、このサイトは恒久的にあって然るべきサイトだとも思っております。作ったきっかけ、時期が今であったというものであります。

シャルマンの中で、シャルマンカレッジの中で、エトワの中で、事業を行っていく中で、事業を強くしていく中で、サイトを作り、ものによってはキャラクターのようなものまで誕生するようになりました。

私の中ではキャラクターがただのビジュアル的に注目を集める、目を引くといった程度のモノではもはやなく、かなり大袈裟な表現にはなりますが、自分の子供の様なシャルマンのキャラクターに命が宿っていると感じています。

ですからキャラクターの様な半分おふざけみたいなことでもサイトに掲載してみようと思う。パンフレットに掲載してみようと思う。あいにくこれらのキャラクターがまだ自分の夢の世界に出てきたことはないのかもしれませんが。

彼ら彼女らが私の夢の世界で会えたらすごく素晴らしいことでありましょう。翌朝どのような心境を抱くでしょうか。今後AIがさらに進化し、このキャラクターたちがしゃべりだし、飛び出してくるのでしょう。このワクワクドキドキする感情をもって今の仕事が出来る事を嬉しく感じます。

そういった意味でも組織、シャルマンの組織を形成、役割を担って頂いている社員の皆さんには感謝いたします。皆さんのおかげで私はある意味のんきな、気分的な発想が出来ているのでありましょう。

さあ、シャルマン、がんばりましょう。

シャルマンカレッジ、学生を募集しています

お会いするたびにいつも清々しい気持ちになります。

お客様との面談において、業界をリードされている会社は自社をとにかく強い組織へとしていく試みをどんどんされている。自社の強みをさらに伸ばしていく。今後の業界の変化を常に研究していく。他社の情報もしっかりと業界共有情報として把握をしていく。

他社の動向を気にするわけではないが、自社の強みを生かし圧倒的な案件と成果を出していくとの事。組織をしっかりと管理し、お客様をしっかりと管理してらっしゃる。業界の繁栄、同業者の独立起業家へも気を配り面倒を見たくなるとの事です。

広くプレゼンしてみたり、広く募ってみたりすることは性格的に恥ずかしいのでなかなか出来ないが、心ではそんな思いがあるんですとの事。ですから我々でもご紹介出来る範囲のところは応援させて頂いております。

いつも感じます。どんな後輩にも、どんなに独立間もない方に対しても敬語で対等にお話し頂けることがいつも凄いなぁと思います。そしてそのスタンスをとことんずーっと続けてらっしゃることが素晴らしいと思います。お会いするたびにいつも清々しい気持ちになります。

久しぶりの卓球。

千葉、検見川浜を訪問致しました。以前より対戦を予定しておりました卓球をするためであります。卓球は小学生の時以来でありましょうか。身体のキレがだいぶ鈍っております。

最初は久しぶりの卓球という事もあり、相手のプレーヤーも私のペースに合わせてくれていました。30分程ウォーミングアップでラリーを交えてからでしょうか、はい次行きましょう、今度はサーブレシーブ練習にはいります。

この辺からただ単なるお楽しみの卓球ではなくなってきます。本当の卓球のレッスン、いやトレーニングという表現の方がよりふさわしいでしょうか。8から10パターン程のサーブレシーブトレーニングが始まりました。

私のトレーニングが終わりますと、次はよりレベルの高い選手の練習を見学しましょう。千葉県の高校生チャンピオンのラリーの見学です。先ほどまで私が打っていた時の、ラケットと球の当たる音が根本から違います。もの凄い音がします。

スマッシュではありません。普通のラリーでの音ですがもの凄い音が致します。先ほどまで私のプレーを横で彼に見られていたことに若干の恥ずかしさは感じましたが、さほど恥ずかしいと感じる事はありませんでした。それくらい彼のプレーが凄すぎました。素晴らしい光景を見せて頂きました。

一つの事業会社でありながら、会社の経営者が卓球を趣味にしてらっしゃいました。経営者だけではなく会社全体で卓球を趣味にしてらっしゃる。その勢いがあまり、新潟と千葉に自社の卓球施設を設けられました。

そしてその施設を周辺地域の皆さんにも開放していらっしゃる。徐々にそのスクールの選手が強くなり遠くからでも卓球を強くなりたい選手が親御さんの送迎で練習に参加されるようになってきました。弊社としてもそんな取り組みに魅力を感じ僅かばかりですがご寄付をさせて頂きました。

将来の若い選手、若い子供たちにお役に立てば幸いです。何十年のその卓球の取り組みをされています。今では日本を代表する選手が輩出されるまでになってきました。代表の方は、まだまだこのレベルには満足はしていないとの事です。

彼ら彼女らの卓球だけではなく、卓球から彼ら彼女らの人生までもサポートし続けていきたいとの思いです。卓球をやりながらも就学、就職までも面倒を見られるほどです。それを自慢げにおっしゃるわけでもなく、これが私が本当にやりたかったことなんですと。少なからず私もその考えに影響を受けています。

頑張れ、シャルマンっ。

朝から緊張をしておりました。

ワクワクドキドキの緊張でありました。普段は起きる時間に目覚ましで起きますが、この日は目覚ましの時間の2時間くらい前に目が覚めそこから布団の中でソワソワしておりました。

小学生の運動会の日、中学生の陸上の試合の朝の状況でした。久しぶりのワクワクドキドキでありました。もちろん毎日ワクワクの連続であります。あの朝の感覚ワクワクドキドキが久しぶりというだけです。

参加人数も多い。かつリアルとZOOMを同時に開催する。金融機関さんも3社6支店のご登場であります。

そして私の中では10年間の想いがこもっているものもありました。10年間思っていたものが一つ形になった瞬間でもあります。いや大学の私の卒業論文にも含まれています。表現は違うもののこのような事を思い描き、夢見つつ卒業論文のテーマに決め自分なりに書きました。

私は文章を書くのが苦手で、内容はかなりのいい加減なものでした。ほぼ1年をかけて作り上げました。出来上がった論文を提出し大学の教授からの評価は一言、英語でso what!!とだけ記されていました。その評価に私はすこし残念さを感じましたが、これが本当の生きたso what!!の活用の仕方なのかと感心していた自分もおりました。

それくらい大学の時の勉強の仕方はいい加減なものでした。卒業論文の書き方、構成、表現の仕方はいい加減なものになりましたが、当時大学3年生の頃から漠然とですが思い描いていた形を少し実現出来た日でもありました。

21歳でしょうか。21歳から20年経って当時の自分の気持ちが少しでも実現出来る事に朝4時くらいから布団の中で一人興奮を覚えておりました。様々な自分の想いがありました。ワクワクを感じつつプレッシャーも勝手に抱えておりました。

かっこいいところを皆さんにお見せしようとしていたのでしょうか。10年20年の想いが込められているこの日は自分の中で嬉しいものがありました。しかしこの10年20年の想いに少しは浸るものの満足はしていられない。満足はしない。これからだと思っております。まったくの通過点にすぎない。

シャルマン、これからです。もっともっと頑張れ。

強力な仲間が出来たことは凄く嬉しい。
この喜びに浸っている暇はもうないです。

さらに展開していくために考えて考えて考えぬいてもっと頑張っていください。存在感を出せるよう頑張って下さい。

うわぁ、シャルマンいいなぁと思ってもらえるように頑張ってください。

ウキウキ駅前の大丸に行きました。

先日のバレンタインに備え3人に向けてチョコレートを買いに行きました。芦屋駅の大丸に行きました。

バレンタインでチョコを買いに行くのは私の今までの人生で数回あったでしょうか。初の体験かもしれません。さすがに初ということはないでしょうか。久しぶりでした。

むしろなかなか出来ない体験でしたからウキウキ駅前の大丸に行きました。今年はやはりコロナだからでしょうか。チョコレートの専用売り場も大混雑と言うほどではありませんでした。そして出店のチョコレート屋さんも盛大に出店という程でもありませんでした。

それでも十分多くの2フロアに及んでお店が並んでいました。男性でチョコを買いに来てらっしゃる方はほとんどいらっしゃらないですね。非常に浮きます。ほんの数パーセント、2,3パーセントくらいの割合でしたでしょうか。

しかしあまり恥ずかしさは感じませんでした。すべての意識はチョコレートに集中し、真剣に何にしようか選ぶ、そのことに真剣を集中していました。少し遠めから眺めるのではなく、ショーケースに顔を近づけるほどの距離感でチョコレートを真剣に選びました。

チョコレートを買って、これまた駅前のミスタードーナツでドーナツも買って帰りました。

ほんの駅前での20分、30分の買い物でありました。普段外出も少なく、買い物に出かけるなどもほとんどないので最近は些細な買い物でのなんだかウキウキしている自分がおります。

午前中クルマで芦屋から2時間弱のところまで訪問しておりました。

また帰りも同じ道を2時間弱走ります。珍しくクルマでの移動でありました。

芦屋に到着した時、お客様よりお電話ありました。社員さんにお電話していつもは大体電話繋がるんですが今回は電話が折り返しすぐないので涌嶋さんにお電話しました。

何処に行ってらしたんですか。2時間くらいの所に訪問しておりました。クルマで行っておりました。ほーお、クルマとはまた珍しいですね。社員さんも一緒にですか。はい彼が運転をしておりました。運転中で電話に出られなかったのかもしれません。社員さんはどちらですか。今も運転してますが、もう5分10分くらいでオフィスに到着する頃かと思います。

なぜかお客様は我々の行動を色々と聞かれて喜んでらっしゃいました。次はどちらに行かれるんですか。次は大阪心斎橋付近に行って参ります。そこで社員のものとまた合流を致します。車ですか。いえ心斎橋へは電車で行きます。ほーお、そうですか。

またお客様は我々の行動を聞いて喜んでらっしゃいました。私はお客様が我々の行動を聞いて何かと気にかけて頂き喜んで頂けたことに何だかじんわりと嬉しいものがありました。なんでしょうねこの感覚は。嬉しいです。

以前評判が良かったとの事でスープカレーを作ってみました。

初めての試作品、個人的には上手な仕上がりを魅せたとは決して言えない結果になりました。スープカレーのルーがそれほど種類も多くはなく求めるものに到達しなかった。

しかし、決して言い訳をしてはなりません。あくまで私個人的に求めるものにならなかったというだけ。うん美味しいというものにならなかっただけです。

半日仕事、考え事などをしながらも色々と悩みました。そこで今まで使用していたカレーのルーとチーズミックスを少し加えてみる事に致しました。

色、香りともにかなり理想には近づきつつあります。完成形に近づくにつれ、また色々とイメージが膨らんできます。人が良いと言っていたので何となく試してみました。今までなかった自分の感覚が呼び覚まされるような感じであります。

野菜は自ら好んで食べ料理に使う食材ではなかったのですが、私の場合料理をすると野菜を使ってみようと思うようになりがちです。色々な万能野菜を試してみたくなります。

まだ魚介系の料理には踏み込んだことがありません。魚介料理はレベルが高そうに感じます。手間もかかりそうな。アクアパッツァ、パエリアなど大きな鍋で作ってみたいものです。

本場のパエリアは薪で料理をするようです。すべての工程、火加減を薪で調整して料理します。そりゃ薪で料理したものは旨いですよ。ご飯も土鍋で炊くご飯は旨いです。またガスで炊くご飯も旨いです。薪で炊くご飯は格別です。同じ食材でも炊き方などでここまで味が違いますかぁ。

アグリ部シャルマンファームよりお便りが届きました。

旬のふきのとう、原木しいたけ、旬彩のご報告でありました。そしてそれを美味しくてんぷらにして頂きましたとの事でありました。いいじゃないですか。まさに採れたて新鮮な状態での料理であります。

アグリ便としてお送りするよりも、現地のファームの方々がおいしい状態で食す。やはり新鮮そのもので美味しかったです。まさにアグリ便であります。

季節の食材をお届けするだけではなく、体験したり、季節ものを知ったり触れたり。このようにより新鮮情報は採れたて食べたての感想を聞くしかない。珍味、旬彩であります。現地でなくては体験できないことであります。

それらすべてを含めシャルマンファーム、アグリ部アグリ便であります。食べて楽しむのはもちもん素晴らしいことであります。食べずに、食べなくとも愉しむ。旬を感じる。季節を感じる。

旬のふきのとう、旬のしいたけ。旬の食材。旨いのはわかっている。必要以上に料理に手を加える必要はないとの事。てんぷら粉を薄くつけて、サッとてんぷらにする。そしてアツアツの状態で食べましたとのことです。

もちろん味付けは何もいらないとのことです。付けても塩が絶品とのことです。感想報告を受けているだけで同じように想像が膨らみ、私も7割くらいてんぷらを頂いた感じに浸ることが出来ました。

社内ミーティングにて。

事業分野、お客様、お取引先、同業社、エリアなど、益々拡大していきたく思っております。今の今までの規模に満足をしているわけではない。満足をしていないわけではない。

意識も問題であります。同業種とも友好的にやっていきたい。マーケットの大きさの問題であります。規模の問題であります。マーケット、シェアを奪い合うとかの次元の話ではないと思っています。奪い合うほどのマーケットではないはずです。むしろ対処しきれないほどの大きさでありますでしょう。

そして、弊社だけでもお客様相互の科学作用がありましょう。お客様とお客様、お客様と取引先様、そして弊社のお客様と他社のお客様においてはまた次元の違い話でありましょう。磁界違う話しでありましょう。天文学の世界でありましょう。

惑星と惑星が、軌道をえがき、進む速度と進む軌道、様々な成分、時には惑星の衝突もありましょう。火球として飛来し、隕石として落下をする。これはアクシデントとしてではなく隕石の衝突により、別の新しい文明を文化を世界観をもたらすでありましょう。そのフィールドで活躍するべく役割でもありましょう。

シャルマン、頑張りなさい、働きなさい。

Twitterはよく見る。凄く勉強になる。

ツイートの内容はもちろんの事、発想の勉強、発想の根源の勉強になるような気がするのが、twitterの魅力でもあります。リアルに瞬時に全世界の敏感な方の発信を目にすることができる。

Youtubeもしかりであります。Youtubeなど動画で動画投稿、映画などもそうですが色々な方のスピーチを聞くことが出来る。違った知識が備わる。脳みそが備わる感覚もあります。自宅で好きな時間に、何時までも。

この知識、感覚を勉強になる、勉強にするだけでなく自分オリジナルのモノにしていきたく思っています。リモートで時間に余裕ができ、自分の好きな映画、好きな動画ばかり見ている場合ではないと感じている。

好きな時間に映画、動画を見ていても時間は過ぎる。しかし時間の過ごし方として全く面白くない。自分の時間にハリがない。

すごく気になることがあり、会見を見てみようと思いました。2時間半の会見ですが、映画に匹敵する興奮、映画よりもはるかに興奮できるものを感じました。今後の時間の使い方には良いかもしれない。

自分も会社を興し今年で10年、今月がまさに10年目の決算であります。10年前に抱いていた想いが今どうであるか考える機会が最近多いです。そして今後の10年、20年、30年今の会社をどうしていくのか、自分は何がしたいのか、何が出来るのか考えていく機会にはなります。

丸10年経って会社の数字としては満足しているような満足していないような、決算の数字はあくまで数字の話であり自分の心はその数字にそこまで心が動いていない。

そういった意味で満足しているような満足いっていないようなという事であります。自らの志をもう一度さらに縛り上げ自分の求める、自分の満足のいくものを追求していきたく思った次第です。よろしくお願いいたします。

さあ、わくしま、さあ、シャルマン、働きなさい。

お子さんの中学受験の合格のご報告を頂きました。

私も同じく嬉しいです。1年前から進捗や傾向を他人ながら気にしていただけに嬉しいものです。

今年の受験生は例年に比べてコロナで大変な面も多かったと思います。塾への外出が困難、自宅での自粛を強いられ精神的にもストレスを感じ、体調管理面でも大変気を遣われたことと思います。

その分しっかりと受験勉強に頑張られた結果ではないでしょうか。地道に着実に勉強を重ね、本番まで体調管理を含め頑張ってこられた成果であると感じています。

足掛け3年4年に渡る塾通いであったのではないでしょうか。学年は違いますが、エリアは違いますが、少しでもお役に立てましたら嬉しく思います。

塾での情報はあるものの、塾以外ではなかなか情報も少なかったりするものでしょう。周りの情報に振り回されやすくもなります。弊社の周りの方の力も借りながら総力を上げて中学受験対策に取り組めたらとも感じる。

中学受験では少なからず進学へのステップに重要な部分を占めている所がありましょう。親御さんが経営者、士業、お医者さんなど専門的な分野でしたらまた多少はありますでしょう。

中学受験がすべてでもなく、学歴がすべてでもなく、勉強がすべてでもない世の中でありますが、子供の可能性という分野においては出来たらよいものでもあるかもしれません。

そして自分たち大人は自分が出来なかったものには子供にはその思いを馳せたくもなるものであります。自分の可能性を子供へ次の世代の可能性に思いを馳せてみたくなります。

おめでとうございます。東京大学の学長は以前おっしゃっていました。合格したことで何の保証もあるわけではないが、むしろ人生において辛いことが待っているかもしれない。でも受験合格、誠におめでとうございます。

ウェッジからユーティリティまですべてのクラブグリップを交換致しました。

ピッチングでのハーフスイング、力の入れ具合、フェイスの向き、距離感、力を入れず力まず、フェイスと球をしっかり見る。集中力をもって2時間ほど160球から200球しっかりと振り抜く。本日よりパター練習も再開いたしました。

まずはあまり何も考えず感覚で打っていきます。自分のパターの感覚を掴み、傾向を把握しストレスのかからない程度20分程度でしょうか。徐々にパターは感覚を慣らしていこうと思います。

いよいよシーズンオンに向けて動きが出てまいりました。キャンプ、このオフシーズンにどれだけ十分な練習をこなすことが出来たか、十分な振りこみが出来たか、どれだけ自分の感覚、パターンを掴むことが出来たか。

今シーズンはどれくらいラウンドが出来るでしょうか。コロナの影響で、ゴルフ部の普及浸透でゴルフの参加人口も増えてきている様に見受けられます。スコアも70台もしくは70を切る勢いの方も現れ始め、またそれを目標に皆さん積極的に70台の方々が続出している様に思います。

今シーズンは私も80で回ってみたい。いや80を目指すのであれば70台行きましょう。

年末年始より、ストロングウィンターキャンプで3Wも210から230距離が出るようになってきた。何より当たりの確率がグンと上がった。ドライバーにおいては一時PXGにクラブを変更しフィーリングが上手く掴めず苦しんだものの、そこからPING G400が名器ですよとの評判を聞きつけあえてG400ATTAS G7 5Sに変更。

当初はさらにDRの感覚が分からなくなるも何とかまとまるまでには仕上がってきました。スコアをあまり気にし過ぎるとゴルフが面白くなくなってしまう可能性も大きくある為、楽しく楽しくラウンドを心掛けていきましょう。

その中で良いスコア、良いショット、良いアプローチなど飛び出すとなお良いですね。30、40、50歳の大人がゴルフという趣味で楽しみ闘い、ぜひ広げていきましょう。

シャルマンファームの田んぼで出来たお米を食べております。

もちろん昨年の秋に収穫できたものです。炊く時の水の量が絶妙にちょうどよかったのか、食べる時間がちょうどよかったのか、ただ単にお腹が極端に減っていたのか、この時期に食べてめちゃくちゃ旨いと思う時があった。まさに今回がそうであった。

ご飯の他に、白菜と鶏肉とベーコンのコンソメスープなどいくつか作りましたが、あまりのご飯の美味しさにこの状態のお米を食べたいと私だけ予定変更ひたすら白飯を食べました。十分納得の白飯でした。

白飯をここまでおいしいと感じ食べれることが何とも幸せであります。

そして夜遅くに改めてコンソメスープを食べました。コンソメスープはもう何十回も作っていますが、今までコンソメスープで失敗をしたことはほんのわずかしかないかもしれません。それくらいコンソメスープは万能であります。

チップのパスタを入れてもよし、チーズを入れても良し、野菜はほぼ何でもありではないでしょうか。

他の方のアグリ情報も気になるところであります。勉強にもなるでしょう。コロナ、リモート、働き方改革、にアグリ繋がるところも大きくあります。アグリと料理にも敏感にいきたい。

事務所、駅周辺で中学生に会います。

以前まで同じ小学校区で6年間同じクラスになった生徒も多くいます。公立の中学校、私立の中学校などで中学になってからは別々の中学に通うようになりました。それでもたまにうちの息子にも声を掛けてくれているようです。

私も同級生にすれ違う時にはおはよう、いってらっしゃい、こんにちは、おかえり、こんばんはなど必ず挨拶をするように心がけています。

中学生の年頃ですから、少し恥ずかしそうにされますが、同じように挨拶をしてくれる時もあります。この年代の子供が恥ずかしがる年頃の感じが好きですね。

私もたまに気付かれない時もあります。小学校の旗当番にもたまに体験をさせていただく。行きかう小学生、中学生の安全ための旗当番であります。

小学生、中学生、高校生、大人の方など行きかう方々が挨拶をしてくれます。なかなか気持ちの良い習慣であります。凄く気持ちの良い、気分の良い習慣であります。

通勤自粛など、自宅にいる時間が少し多くなりました。自宅の地域とのふれあいの時間も有意義になりつつある。朝夕の挨拶のあの感じは良いものがあります。

同年代の子供たちも今後大きくなります。ずっと挨拶出来続けられる様に継続していきたく思っています。

一生懸命にお仕事、本業に取り組んでいらっしゃる会社が多いです。

本日のお引合せ、本業の事業売上げ拡大の為にとお引き合わせさせて頂きました。法人企業さんご紹介に向けてなど大変前向きなお話へと進んだように思います。

両社とも世代も近かったこともあり、年齢的にも、趣味の家電も、家族間の話題も、頭脳的にも、初回のお引合せでもちろん本業の事でご紹介を致しましたが、お互いに個人的な話題、領域での会話にまで発展したことを嬉しく感じます。両社とも余裕の表れから来るのでしょうか。

一生懸命にお仕事、本業に取り組んでいらっしゃる会社が多いです。結果的に会社に籠って自宅に籠って本業に突き進んでいらっしゃる会社が多いです。

弊社としましてもご紹介からお会いできました事を率直に嬉しく感じております。業界的になのか、時代的になのか、関西であれば大阪のど真ん中、梅田、淀屋橋、本町などのオフィスビルに事務所を構えていない会社さんも登場するようになってきました。

住宅街に、ロードサイドに、下町にも、こんなところにこのような会社があったんですねという形態の会社が登場するようにもなってきました。

ふるさと納税の様に各地に法人登記が普及するようになり、東京、大阪など都市集中型でなく、企業都市分散型のふるさと所在地企業、自治体誘致企業などが出現してくるとよい。

交通インフラ、Wi-Fi環境インフラ、生活スーパー、ドラッグストアインフラ、教育環境、スポーツ環境など。弊社の事業に全然関係のないことの様にも思いますが、全然関係のないことではない。関係のないどころか多いに関係はある。

金融機関で働くとは何であるのでしょうか。

ここ何年かの動きでありますが、証券会社出身の方が証券仲介をする動きが出ている。7、8年前くらいからでしょうか。銀行出身者が証券仲介に向かう動きはあまり聞きません。まったく聞かないかもしれません。

同業に転職をする動きも以前が多く聞きましたが、ここ数年ではあまり聞かなくなりました。証券を扱うフィールドに入れたことは大変貴重な経験、貴重な業種、職場であったと感じています。

さあその証券が自分のスキル、経験としてないとしたらどうでしょうか。金融とはなんであったのでしょうか。金融機関で働くとは何であるのでしょうか。金融機関で働くことの意義、誇りみたいなものは何処にあり、何処から起因するのでしょうか。

金融業界は大事な存在、貴重な存在であるとは感じている。しかしそこで働くことの経験値が金融業界以外でチカラを発揮することが出来るのでしょうか。出来ているのでしょうか。

金融業界で働くということは同時に金融以外の知識、スキルを身につけていなければ意味がないのでは。金融という機能であって、営業マン、担当者に起因するものはあるのでしょうか。営業マン、担当者に起因するものはもちろんあると思っています。

その要素を分析してみると、組織としてすごく勉強になることが多くあるように思う。

シャルマンカレッジ、HP、パンフレット、スタンプなど制作物について会議をしました。

役員会、モニターとの打ち合わせは夜11時くらいまで及んだでしょうか。色々な方々から様々な角度でご意見を聞くことができました。今後もこういった会議は重ねていきたく思います。シャルマン組織としても統率、方向性、団結力が取れますので。

制作物など吉田コンビには大変お世話になっております。弊社の制作物はすべて吉田コンビによるものです。彼らが攻めた提案をしてくれるので安心してお任せすることができます。きっちりと意図を持って攻撃的にも攻めてくれます。弊社の意見も柔軟にご対応頂けています。

しかし彼らの中で攻めるべきところはデザイン、制作物、会社のPR物という観点からしっかりと意見をしてくれているように感じます。弊社にはもちろん事業のイメージがあります。しかし制作物のプロではありません。制作物には制作物の見せ方がありますでしょう。

仕上がった制作物に弊社らしいイメージのまとまった落ち着きがあり制作物としてそつがない。それがはたして制作物としてベストなのかどうかは我々素人には分からない。伝えたい部分はもちろん山ほどあります。

HPにせよ、パンフレットにせよ、ブログにせよ、シャルマンの事業の一番先頭をいく媒体をどのように魅せていくのか。色々な案、意見が弊社の史跡となっていくことは間違いないでしょう。採用案とそうでないもの、意見が分かれるものもありますがすべて弊社の史跡となるでしょう。

吉田コンビ、何かとわがまま申しますが今後とも宜しくお願いいたします。

学生を受け入れる仕組みを作りたい。

コロナで学校に行けない。バイトが出来ないので授業料が稼げない、やむなく退学。高校まで勉強してこなかったので、気付いた時には大学進学ではなく就職しか選択肢になかった。家庭の財政的な事情で大学進学まで考えられなかった。

シャルマンカレッジが公認の大学でないことをメリットとして、こうした理由などで大学に通うことが出来なかった学生など学生世代の注目を集めたい。

将来、社会人になるまでに、仕事に、ビジネスに、自分の将来の収入に直結する可能性のあるシャルマンカレッジを展開していきたい。

こう考えると学生、学生世代だけではないでしょう。学生を卒業した社会人ももちろん考えられるでしょう。求められることは真剣さでしょう。

本気で自分の将来の事を気にすることが出来るのか。本気で自分の家族を養っていきたいと考えているのか。

シャルマンカレッジには現在も真剣にご参加いただいている方々がほとんどであります。心底のりで参加されている方はほとんどいらっしゃらないと感じています。

学生のみならず、社会人においても、シャルマンカレッジをコミュニティとして、交流組織として、学校として、捉えて頂ていることに将来性を感じております。

シャルマンカレッジに将来性を感じているだけでなく、学生の方、社会人の方、企業組織の方々にシャルマンカレッジの仕組みに期待していただいている方々に将来性を感じております。

今も多くの企業様に関わって頂いている。多くの金融機関様に関わって頂いている。多くの士業様に関わって頂いている。弊社で自社のサービスの事を言うのはあまり慣れていないが、お役に立てている事も少なからずある。

シャルマンの広場にもほんの一部分ではあるが掲載をしています。本来日曜日は日誌を書かない様にしているのですが、突然頭に飛び込んできたのでメモとしてしたためています。

学生、社会人、このコロナ禍で将来に対して困っている方々もいらっしゃるでしょう。そんな方々に対してシャルマンカレッジが少なからずお役に立てるのではと感じております。

ただ私の頭の中で思っているだけでは何事も無かったようになってしまうので、日誌に記しています。

毎週ゴルフ打ちっぱなしに出かけます。

行く時間が同じであると同じように来てらっしゃる顔ぶれも同じであります。お顔を知っている程度ご挨拶もしたことはないです。そのような方々が10名くらいはいらしゃるでしょうか。

毎回何度もお見掛けをしておりますので、ちょっとしたクラブの新調にも気付いてしまいます。今回気付きましたのは、ウェッジを新調してらっしゃいました。タイトリスト、ヘッドがブラックのものでした。

他人のクラブ、シャフト、見てしまいます。凄くクラブを持ってらっしゃる方をお見掛けするとうおぉと思ってしまいます。良いクラブ過ぎても実力との兼ね合いで何とも気を遣うものがあります。

今年は80を目標に行きたい。3月開幕まであと2か月を切りました。1か月と少しであります。開幕に向け、シューズの新調、ブリップの張替え、詰めの作業をしていかなければなりません。

シャルマンカレッジの会員さんでも続々と70台のご報告が上がって来るようになりました。皆さん必死であります。クラブの新調、年末年始キャンプ、など開幕に向け真剣になっておりますが、シーズンインしてからはもちろん楽しさ重視でいきたい。あまりにもスコアばかりを意識しますとゴルフを嫌いになってしまう可能性すらある。

ゴルフは長く趣味として楽しみながらやっていきたいものです。

1日の大半をZOOMでの商談で過ごす時がたまに出てきております。

おそらくほとんどの方で起こっている現象でありましょう。ZOOMしっぱなしもなかなかの体力を使う打合せでありますね。しかしやり切ったときの達成感もこれまた凄いですね。

先日羽田空港ラウンジでの電話ボックス、今までは十分に空室も目立ちいつでも利用できる状態でした。しかしここ最近はその電話ボックスが超満員でした。その時間帯だけかもしれませんが常に混み合っている状態でした。わたしもしばらく電話ボックス待ちをしたほどです。

今後ネットカフェのようなレンタルスペースも出てくるかもしれません。音漏れ防止とプライベート空間の確保のため天井まで壁があり、ドアなど機密性重視のプライベート空間。

セブンイレブンコンビニなどではもうすでにそういった空間が出現しているようですね。ファミリーなどにおいても、戸建て、マンション関わらず書斎という空間が絶対なのかもしれません。

コロナに関わらず、絶対書斎空間はあった方が良いと思います。働き方改革、通勤時間短縮など。

昨年は学習塾においてもオンライン対策の初動で大きく業界は動いた年でもあったようです。学習塾でのオンライン化、学校でのオンライン化、何が起こっているのでしょうか。

今まで、駅前の一等地に学習塾がビルを構えて学習塾村と化すまでに学習塾が乱立しておりました。方針も転換点を迎えているのでしょうか。

大学なども大変な受験勉強をして合格、入学、通学、中には下宿する学生もいるでしょう。東京、大阪など都心部以外の学生は、大学進学、学校進学と同じくらい地元から一度出たいという価値観のもと、地方で一生懸命勉強に励む学生もいらっしゃるでしょう。

勉強ができたかどうかは別として、まさに私は大学に進学したいということより地方から出たいという価値観のもと、大学進学を目指し一生懸命勉強をしていたという記憶がある。

塾すらないほど、Z会という通信教育にすがっておりました。あの時Z会という教材に辿り着けたことは良かったと思います。Z会すら問題を解く力はなかったです。

毎回のテストも郵便提出はほとんどした記憶がない。提出してもほぼ30、40点くらいの記憶しかない。いや40点は言い過ぎました。40点は取ったことがないです。出来て30点台でしたでしょうか。50点満点と言いたいですが。100点満点へたしたら150点満点中の話です。

弊社、動いております。

最近弊社にシャルマンさん動かれていますか、シャルマンカレッジ今でも開催してらっしゃいますかとの久しぶりの問い合わせを頂く時があります。弊社動いております。もちろん行動自粛を気にしながらではありますが。

会食も不用意な会食はありませんが、時間内の会食でしたら開催もしております。他の会社さんの動き、他の交流会の動き、他の会食の動きはあまり情報として入ってこないのでよく把握をしておりませんが、弊社は弊社の範囲で開催をしていこうと思います。

コロナのこの時期がいつまで続くのかはわかりませんが、トレーニング時期だと捉え、合宿時期だと捉え、しっかり鍛えることを意識もしていきたい。行動、時間、組織、移動、将来への展望、種まきなど。

考える時間は少なからず増えているでしょう。しっかりと考えてください。考える方向性も多様にあるでしょう。価値観も少なからず変わってきています。何が化けるのか分からない価値観にもなってきているように感じます。

真剣過ぎずリラックス状態で考えた方がよいのでしょう。私ですらスーツを着る時がグンと減ってきた。ある意味で面白い時代とも言える。もう一度さらに構造的に考え戦略、流れ、イメージを膨らませる時でもありましょう。

シャルマン、考えてください。

コロナ禍、リモートワーク、外出自粛は自宅でなんとなく過ごすことではないと自分でわかっていますね。考える時です。シャルマン、考えてください。

職業問わず、年齢問わず、生涯現役でいきましょう。

弊社で運営、展開している事業の1つシャルマンカレッジにて、50代の方のご参加も頂けるようになりました。私、現在41歳、50代の方々にもお越し頂ける事は嬉しいです。

幅広い年齢層の方々にご参加頂けるとそれだけ違った価値観での会話、知識レベル、経験レベルでの共有にも繋がると感じている。

会社経営者が多くなるので圧倒的に30代、40代が多くはなりますが、20代、50代、60代のご参加大歓迎です。むしろ私の父親の年齢、60代70代まで大歓迎です。そこはイメージしながら創造展開を意識しています。

60代70代が40代30代と力を合わせる事により凄い力が興ると思っています。生涯現役で行きましょう。仕事をするにしても、家族と過ごす、友人と過ごす、老後を過ごすにしても生涯現役でいきましょう。

今の社会の組織として現役のピークが40代、もしくは50代にあることが多いように感じる。ビジネスにおいての年齢であります。スポーツ業界、その他の業界はまた違うでしょう。

職業問わず、年齢問わず、生涯現役でいきましょう。生涯現役でいきたい。私は果たして何歳まで生きるのでしょうか。70歳まで生きるのでしょうか。60代でしょうか。自分がいくつまで生きるのかわかりませんが生涯現役でいきたい。

自分が自分がと生涯しゃしゃり出るのとは違う。自分が身を引く時が来つつも生涯現役でいきたい。

商標・商標権・特許について議論する機会がありました。

弁護士、弁理士の専門とする分野でありましょうか。鳥貴族、鳥次郎、ヒルドイド、ヒルマイルドなど議論は分かれるところでありましょう。

弊社の1事業シャルマンカレッジにおいても商標は取得させて頂きました。商標を取得しておいて良かったと思うところも多々あります。もちろんブランディングとしても、意気込みとしてもプラスに働くことが多くあります。

また名称を命名したことにより純粋に自分の子供かの様に愛着のようなものすら感じる。その愛着が益々事業をやる気にさせてくれます。その事業を将来に渡って育てようという気になる。自分の時間と資源と情熱を注ぎこもうと思う。

商標を取得していたからこそ今回の話も議論になったのでしょう。発想としても、将来としても、保証としても、また経過の過程で議論になりますでしょう。

新幹線ホームにあるきしめん屋さん。

名古屋駅に到着すると最近決まって、新幹線ホームにあるきしめん屋さんでまずきしめんを食べる。シンプルにきしめん360円を啜る。よしっ、名古屋に来たぞというモードになる。味も普段関西でたべるうどんとは違うのでうまい。

あげ半分、ねぎ、鰹節、そしてそこに何と言っても名古屋のだし汁であります。立ち食いはうまさを引き立てますね。

あまりグルメなわけではありませんが、各地で時間があれば決まって立ち寄ろうとするお店は出来ますね。決まって立ち寄ると言いましたが、そのお店しか知らないだけであります。

ご飯屋さんだけでなくても喫茶店でも落ち着くところがいくつかある。今はもうないのでありますが、大阪のとある駅のホームのうどん屋さん。かけうどんを注文しましたが、その店員さんの気分次第で海老天、またある時にはあげをサービスしてくれる立ち食いうどん屋さんがあった。

事情があり閉店してしまったようですが、またの復活を期待致します。