wakushima blog

シャルマンカレッジの会食について。

普段仕事も忙しく家に帰るといつも大抵コンビニ弁当を食べている。自分でご飯を作る体力もあまりない。一人で軽く食べて帰るのも寂しい。そんなことでしょうか。

月に何回かあるシャルマンさんの会食をいつも楽しみにしています、と言われました。理由を聞いてしまったがゆえに余計に考えるものがありました。弊社の開催している会食を楽しみにしてもらっている事は嬉しいことであります。

仕事の中でのふとした会話からそんなことを言われてしまい、私としては何かを感じるものがありました。色々とやる事があるな、色々と出来る事があるな。

シャルマンカレッジ茶話会について。

各地の会食におきまして、茶話会の事が話題に上ります。先日も話題に出ました。参加した感想、私も参加したい、どんな方がいらしてましたか、など。

頻度は今現在まだ毎月1回と限られてはいますが、会を重ねる毎に頻度が増えてくると良いとも思っています。会を見守りたいとの声も多くありますが、そこは厳格にオブザーブしております。

先日も名古屋会食、お店は立ち上がりお客さんの数がまばらでありました。たまたま年末だからでしょうか。コロナ第8波が迫っているからでしょうか。このコロナの波動は何波まであるのでしょうか。8の次は9であります。そして10であります。普通に第25波、第26波といった具合に波動を積み重ねていくのでしょうか。

今テレビでサッカーワールドカップをしておりますが、会場となっているカタールでは誰一人とマスクをしていない事に少々驚いています。

スーパーに颯爽と外国人が現れました。

おそらくヨーロッパ出身でしょう。自転車に乗って現れました。ママチャリに乗って現れました。日本的なママチャリです。前にカゴ、後ろにもカゴを積んだスタイルのママチャリです。

身長は175cmはあるでしょう。長いブロンドの金髪です。凄くオシャレなサングラスをしている女性です。自転車のいわゆるダサいタイプの自転車でありますが、スーパーモデルのようなブロンドの女性が乗っています。

思わずそのギャップに凝視してしまいました。もはや自転車込みでカッコイイであります。そしてその女性に自転車の荷台のカゴがイケていると思ってもらえたこと、また機能的であると思ってもらえたことが嬉しく感じました。

博多の帰り新幹線に乗り込みます。

新幹線サクラに乗りました。前方横にはたまたま外国人2名が乗ってきました。ヨーロッパからの外国人でした。最近では外国人が日本に来て、日本の観光を盛り上げてくれています。

ビールを飲みながら話は弾んでいるようです。アサヒスーパードライ500mlを飲むペースもどんどん上がります。ビールのあてにクロワッサンを食べます。日本のクロワッサンもさぞ繊細な味で美味しいことでしょう。

クロワッサンの次は鳥そぼろ弁当をいきます。鳥そぼろ弁当、ヨーロッパにはなかなかない味でしょう。こちらの弁当も喜んでもらえた事でしょう。二人の会話は弾んでいます。

携帯のグーグルマップを見ながら、新幹線の移動に合わせてグーグルマップでも移動していく自分のポジションがあります。日本列島を拡大したり、縮小したり、新幹線をも楽しんでくれています。

新幹線は博多から岡山まで来ました。
どちらか一人が、what’s your name?
I’m jeff. I’m cole. Oh cole nice to meet you.
そして二人が力強くがっちりと握手を交わします。

えっ、あなた方お二人博多からめちゃくちゃ楽しそうに話してきたじゃないですか。えっ、友達じゃなかったんですか。一緒に日本に来て福岡から大阪に向かっていたんじゃないんですか。いま、岡山らへんでやっとお互いの名前を知ったんですね。

ギリギリの晴れ男。

東京に行って、毎月訪問させて頂いている会社があります。5年くらい毎月通っております。今のところ、訪問の際一度も雨が降ったことがありません。

お客様からは、その会社の事務の方も交えて、シャルマンさんが来るときは必ず晴れますね、前日大雨が降っていてもいらっしゃるその日は必ず晴れますねと噂されているようであります。噂ではなく直接言われます。

私ももはやその期待に応えるため晴れ男を意識しています。今日もお客様の駅に降り立ち、よし今日も晴れていると確認作業をいたします。実を言いますと、過去に一度だけお客様の会社を訪問したときは晴れておりましたが、突然パラパラと雨が降りそうな気配を感じました。

私はそそくさと広げていた資料を慌てて片付けカバンにしまい、では今日はこの辺で失礼しますと足早に帰りました。お客様の会社を出てから雨が降ってきました。段々本降りになってきました。お客様の会社から駅まで走っていきました。何とかギリギリで晴れ男を演じる事が出来たと思っております。

シャルマンカレッジの茶話会。

好評いただき盛り上がっているようであります。独身の方が参加する会食であります。現在は大阪で開催しております。

完全独身の方のみの開催であります。もちろん私すらも参加したことはありません。お互いに現在彼氏も、彼女もいない完全独身の方のみ参加できる会食であります。

実際は私は参加していないので後で茶話会の様子を聞くのみになりますが、盛り上がっているとの事であります。いずれ毎週のように開催できるようになるといいですね。

大阪なんばの喫茶店にてハンバーグ定食。

大阪なんばにて、久しぶりに行ってみたい喫茶店がありました。以前に一度だけ行って記憶に残っている喫茶店がありました。思い出がある訳でもなんでもありません。ただの喫茶店と言うだけです。

10年以上ぶりにお店に行きました。今でもお店があったことが嬉しくなります。螺旋階段を上がり、お店の入り口のドアを開けます。

ドアを開けた瞬間しまったと思いました。完全にすべて喫煙の喫茶店でした。何となくの雰囲気で一旦お店に入ると後に引くことが出来ずそのままの勢いでお店に入り椅子に座ってしまいました。適当にハンバーグ定食を注文します。

もはやオール喫煙の喫茶店に行きますと、何を食べようと何でもよくなります。いまや喫煙のスペースに耐えられなくなります。お店を出るのが賢明でありました。ただお店は満員でありました。すべて喫煙の喫茶店は喫茶店ですごく需要があるんだと感じました。

そうなってくると今度は店員さんがタバコを吸うのかどうかが気になってきます。今は店員さんマスクをしてます。これで店員さんタバコを吸わんかったらどうでしょう。店員さんのマスクは昨今コロナ対策のためのマスクでもあります。そしてタバコ嫌いのための煙、臭い防止の・削減のためのマスクだったらどうでしょう。

そんなことを考えながらハンバーグ定食をたいらげました。

最近の営業支援の動きについて。

最近、お客様の営業支援をしていてさらに深く関わるようになってきました。お客様からもっと深く関わるように求められていたりもします。

毎月定期的に訪問している頻度から月に2回くらいの頻度になり、お客様にとって一番多く訪問している取引先の様で、だんだん話しやすくなった、気を遣わなくなったと言われます。我々もまた同感であります。

そしてさらなる営業支援をお願いされたりもします。最近そういった動きが増えてきたように思います。

大谷暢順本願寺法主。

大谷暢順本願寺法主にお目にかかりご挨拶をさせて頂くことが出来ました。そしてあるエピソードをお話させて頂きました。私のあるエピソードであります。実体験であります。

私は鳥取県倉吉市出身で、18歳高校3年生まで鳥取で育ちました。高校3年生まで私の実家ではみんなで晩御飯を食べ、みんなで軽くテレビでも見て、その後家族みんなで家の仏間に行き、家族全員で般若心経を唱えるという風習がありました。高校3年18歳まで毎日やりました。今でもその風習は脈々と残っております。

そして今回、法主にこうしてお会いできるとは思っておりませんでした。法主にお会いし、仏門をお聞かせ頂いておりますと、18歳までの家族全員で般若心経を唱えた光景が一気に蘇ってまいりました。そして実家の家族の事を思い出させて頂くことが出来ました。貴重な機会を頂きましてどうもありがとうございました。

こう話をしておりますと自然と涙が出てきてしまいました。私も突然の涙に驚きを感じましたが、涙が両目から出てきてしまいました。泣いている事も完全に判られてしまったことでしょう。しかし、まさかこうして本願寺法主にお会いすることが出来るとは思ってもいませんでした。自宅に帰りましたら早速両親に今日の事を報告させて頂こうと思います、と申し上げました。

今日の事は何とも言い表すことが出来ない程、何とも言葉にし難い、思い出に残る日でありました。このような機会を賜りました事感謝いたします。そしてこのような機会を与えて下さいました方にも感謝申し上げます。

ありがとうございます。

カジュアルの効果。

今年の6月くらいからスーツを着るのを極力控えております。ネクタイをあまりしない様にしています。ラフな、カジュアルな服装に努めています。

正直無理をしてカジュアルな服装に努めています。ビクビクしつつもカジュアルな服装に努めています。自分自身を追い込むためにもカジュアルに努めています。自分にプレッシャーをかけるためにもカジュアルに努めています。

実際にやってみると服装はカジュアルにはなりますが精神的には追い込まれます、気持ち的に楽ではないです。カジュアルな分緊張感が増します。ラフな分気持ち的にはラフではなくなります。

しかし自分自身にトレーニングだと思って課しています。仕事にさらに集中している様になります。発言に集中力が出てきている様に感じます。提案に集中力が出てきているように感じます。

カジュアルの効果は感じていますが、でも怖いです。今までずっとカジュアルで来なかったがゆえ、カジュアルな服装自体にまだ抵抗があります。しかしまだしばらくカジュアルな服装でトレーニングをしてみようと思います。

再生エネルギー分野のお客様と。

東京恵比寿でお客様との会話にて、再生エネルギー分野のお客様とその分野の話しをしておりました。私もお客様を通じてこの再エネ分野については接するようになりました。

最初はやはり何も分かりませんでした。そしてそこから自分でも勉強をし会話を繰り返し聞き、徐々にではありますが勉強と経験を重ねて行っておりました。昨日もまさにそうであります。

会話が色々な方向に行き、再エネの展開がさらに需要が増してくる。いつの間にか一瞬ではありますが、私が再エネの話題を展開する時間帯がありました。自分でも再エネ分野の社長を前に、再エネ分野の会社を前に、2社の再エネ事業者さんであります。その方々に対して再エネの話しを展開する時間帯が一瞬ありました。ほんとほんの一瞬であります。生意気は言いません。

ミーティングの終わりかけ、そのお二方よりシャルマンさん再エネに関して大分詳しくなってこられましたね、普通に再エネの会話についてこれているじゃないですか。むしろ今回は色々と教えてもらいました。今後シャルマンさんとはもっと深く関係値を持って行きたく思いました。今回は凄く良いミーティングになりました。会社として兄弟のような感覚になりました。そうおっしゃって頂きました。

恵比寿が好きな街にもなりました。恵比寿はお洒落すぎて凄くフワワフとさせる街の印象がありましたが凄く好きな街になりました。こうして徐々に東京の街にも慣れていこうと思います。

久しぶりにゴルフレッスンに通ってみる事にしました。

自宅から近くのレッスンスタジオであります。5分くらいの所にあります。1時間レッスンを受け、レッスンプロより、何だかお客様の並々ならぬ向上心、真剣さは伝わってきました。何が目標何ですか、と聞かれました。

お客さんと一緒に回る事が多くて。ああ、そうでしたか。お客さんと一緒に回りたいんですね。いやお客さんに勝ちたいんです。ああ、そうですか。通りで並々ならぬ熱心さを感じました。との会話でした。

レッスンに付くのは10年以上ぶりです。ずっと探していました。自宅から近くがいい。気軽に通えるところがいい。ググってみますと以外に近くにありました。

レッスンに通っても、すぐに成果が出るかはわかりません。長く続けるうえで気軽に上達に繋がるものが良いと思い、近くにしました。次のラウンドでいきなり成果が出る事はないでしょう。今までの自分の癖が勝る時もあるでしょう。自分の形を作っていきたく思います。

シャルマンを運営している醍醐味。

増資なのか、出資なのか、ファンド組成なのか、弊社のお客様よりご相談ご依頼頂きました。

お客様の事業形態をさらに理解することができ、事業の流れも理解するきっかけを頂き、キャッシュフローをも理解をすることが出来る。色々なビジネスがあるんだと気づきにもなります。

そして先行者利益と言うものの具体例もこうして実感することが出来る。お客様の事業の解決、より深く入っていく事で関係性が出来てくる良いきっかけにもなる。

このことがシャルマンを運営をしていての醍醐味にも感じてくる。

神戸線高速道路での優雅な景色。

昨日阪神高速神戸線を夕方運転中、反対側の車線が突然対向車が一切通らなくなった。しばらくして、白バイが2台並走をしています。またしばらくして、パトカーが何台か通っていきます。覆面パトカーも通ります。

するとセンチュリーがゆっくりと通過していきました。その後パトカー、クラウン、白バイ、中型のマクロバス、大きなバスも何台か通り過ぎました。

なんだろうとしばらく考えました。岸田首相にしては重装備の車列である。しかも岸田首相は今アジア歴訪中だったような気がした。天皇陛下に違いない。携帯で調べてみると、天皇陛下、雅子様が兵庫県明石市海づくり大会の来賓参加からの帰り、神戸空港に向かう途中の車列でありました。

凄く優雅な車列でありました。物々しい重装備の車列でありました。高速道路を完全に封鎖しての車列でありました。完全に封鎖をします。その後後方からの一般車両はなかなか来ません。完全に神戸線高速道路を封鎖します。凄く優雅な景色を拝見することが出来ました。

7年ぶり、8年ぶりのお付き合いの再開。

金融機関の方ともお付き合いをさせて頂きます。関西、東京、四国など、転勤で時にはお付き合いが出来なくなる時もあります。

そしてまた何年かして戻ってこられる時もあります。金融機関に限った話ではないですね。大手企業になると転勤はつきものですから。

またこうして7年ぶり、8年ぶりにお付き合いが再開するのはなかなか感慨深いものがあります。

凄く好きになる社長。

東京にて面談させて頂きました。お一人で4人くらいのキャラクターを演じれる社長と面談させて頂きました。おふざけとか相手を笑わかそうとかではなく、完全に素の状態で4人のキャラクターをいつも演じていらっしゃるように思えました。

記録として書き留めたいことは沢山ありますが敢えてここに記すことはやめにしていきましょう。弊社の事も褒めて頂いた。凄く好きになる社長であります。

撫でるような提案はしたくはない。

撫でるようなお付き合いはあまりしたくはない。何となくのお付き合いはあまりしたくはない。

それが良いのかどうなのか気にするところかもしれませんが、撫でるようなお付き合いはしたくはない。撫でるような提案はしたくはない、との事であります。との事でした。

すごく気持ちは分かるし、そう思います。

創業120年の会社。

お客様お引合せをさせて頂きました。一方のお客様は東京からお越し頂きました。創業100年を超える会社。創業120年の会社でありました。

ご紹介をするお客様にはある事業の日本で初めての会社とはお伝えしていました。創業年数まではお伝えしておりませんでした。話の序盤から創業年数の会話になりました。

創業120年となった時のお客様の表情が私の記憶にとどまっております。やはり創業120年ともなるとそうなるのでしょうか。120年とは言わず、何年経つとそのようになってくるのでありましょうか。

お世話になっているお客様に応えるために。

お客様と話をしていました。事業モデルについて、事業の成長速度について、事業の成長速度は速い方が良い、速いとその反動も来る、事業速度はじわじわでも良い、じわじわの方が良い時もある。そんな事を話しておりました。

シャルマンの事業モデルはじわじわ型であると思っております。しかしじわじわ型だけでもないとないと思っている。時に大きく速度を上げてくれる事業をいくつか盛り込んでいる。複数盛り込んでいる。この掛け合わせであります。今で言うとハイブリッド型です。

これはお客さんから、いろいろなヒントを頂く、チカラを貸して頂く、そして事業の違う会社がいくつか集まると力が生まれる、別のチカラが生まれる、そんなシャルマンの事業モデルがいいねとおっしゃって頂きました。

そのお客様とは10年以上のお付き合いがあります。お客様が事業モデルについて語ってこられるようになったのはここ最近からでもあります。そのお客様に弊社の事業モデルに関して、アドバイスを頂く事が嬉しいです。

その意味では速度を持って成長させていかなければいけない。脅かしていかなければいけない。お世話になっているお客様に応えるには事業速度を持って脅かしていかねばならない。

ドラッグストアとスーパーへ。

ドラッグストアへはいつも決まったルーティンで買い物が出来ます。買うものはほぼ決まっております。次にスーパーへ行きます。スターティンググリッドから、スターティングポジションへいきなりこの時期お鍋のスープコーナーが待ち受けてきます。待ち受けてくる以上に鍋のスープの方からせり出してくる程です。

お鍋というあたまが無くても、否が応でも鍋にしようとなります。この時期の晩御飯お鍋に勝てるものはなかなかないように思います。その数もすさまじく多い。毎週鍋にしても足りない程鍋の素の種類はあります。

今回は旨辛キムチ鍋にすることにいたしましょう。一度鍋と決まると、そこからの具材選びもスムーズにいきます。いつもの時とは買い出しのスピードも格段に変わってきます。野菜コーナー、豆腐コーナー、こんにゃくコーナー、お肉コーナー、難なくコーナリングをしていきます。

最終お菓子コーナーへたどり着きます。美味しそうなお菓子を買ってほしいとのオーダーも出てきます。私はお菓子を食べないので子供たちのお菓子であります。いつも私が買うお菓子はワンパターンだとも噂されています。そして買ってくるお菓子が古臭いとも言われているやら。

何を何を、お菓子に古臭いも新しいもないですよ。美味しいかどうかではないでしょうか。お菓子の中でも難しく設定されているのがグミのジャンルであります。グミはもはや全く食べません。食べたいとも思いません。グミは美味しいのでしょうか。そのグミを考えて買ってきてほしいとの事であります。

ご存じでしょうか。グミの棚には凄くたくさんのグミがあります。どれを見てもそそられることはありません。毎回他の子供に混ざって40代男性私だけですよグミコーナーにいるのは。無我夢中で何とかグミを選びます。

OMcrypto社に出資をさせて頂きました。

弊社として、OMcrypto社に出資をさせて頂きました。機会がありご紹介を頂いた会社であります。Web3分野の会社になります。

以前も出資をさせて頂いたものは良い成果を上げる事が出来ました。今回のものもそのプロセス共に期待できるものであります。そして弊社としても力になれる部分はどんどん応援をしていきたく思います。

事業内容はもちろんのこと、代表の熱量、気迫に圧倒されるものがありました。若いですが、若いからこその熱量、気迫、行動力は凄いものを感じました。成果はもちろんですが、プロセスも楽しんでいきたく思います。

普通にやってきそうに見えますが、人との出会いはいつも普通にやってくるものではないでしょう。今回弊社としても、ぜひ会うべき、話をすべき、何かしら関わるべきだと何か感じました。まずこの経験、プロセスが十分に価値のあるものだと感じていきたい。

みなさん仕事もゴルフもストイックであります。

シャルマンカレッジゴルフ部ラウンドでありました。私個人は2日連続のゴルフであります。2日連続は初めてかもしれません。なんだか気持ちがふわふわしています。

参加の皆さんがだんだん攻めのゴルフを展開するようになってきているよう感じます。参加者からも是非もっと攻めたい、難しいコースにチャレンジしてみたい。

やはりみなさん、仕事もゴルフもストイックであります。

鳴尾カントリー倶楽部に行ってきました。

お誘いを受けまして行く事が出来ました。一度は行ってみたいゴルフコースでありました。

弾みが付く日。

大阪にてお引合せをしました。大阪のお客様と東京のお客様をお引き合わせ致しました。わざわざに東京から大阪までお越し頂きました。わざわざにお越し頂く事でもありました。

両社ともお引合せに喜んで頂きました。ワクワクしましたともおっしゃって頂きました。私も東京でお会いした時と大阪でと雰囲気が違ったのを感じました。週一のペースで木曜日東京に行っていて良かったとも感じました。

地道にコツコツとこういったことをさらに継続していきたい。その意味でも今日は弾みが付く日でもありました。

最近頻繁に阪神電車に乗る機会がありました。

乗って感じたことは、ずいぶん前の事になりますが、10年前、15年前とは阪神電車の乗車のお客さんの顔ぶれが変わってきたような気がしています。もちろん急に変わったわけではないでしょう。私がさほど気にしなかっただけでしょうか。

10年目、15年目は言っては何ですが、すごく汚らしいような雰囲気がありました。しかし今は全くそんな事はありません。大阪難波からの乗り入れが始まってからでしょうか。大阪なんばと神戸三ノ宮を繋ぎだしてからでしょうか。

学校、大学のキャンパスなども多くできました。若い方の乗客がかなり増えたように感じます。よく、阪急、JR、阪神と言う順番で言う何かがありましたが、先日乗った感覚、そのような事はあまり感じませんでした。たまたまなのかもしれませんがそんなに感じませんでした。

地元ヴィッセル神戸の選手陣。

博多まで新幹線で出かけます。お昼過ぎに家を出ます。新神戸から新幹線に乗り込みます。新神戸ではたまにJリーグのサッカー選手に出くわす時があります。色々なチームが新神戸にて乗り降りするのでしょうか。

本日は地元ヴィッセル神戸の選手陣がこれから遠征でしょうか。新神戸にて待機をしてます。ホーム、待合ベンチ、コンビニなど。Jリーグに疎い私でも分かるくらい見たことある選手、有名な選手がたくさんいました。皆さんスーツを着て待機などをしています。

サッカーチームの選手陣を間近で見ますと素人の私でも少しドキドキしますね。少しドキドキしてしまいました。

今年はオリックスを応援しています。

関西の方々は今オリックスファンになっているのではないでしょうか。私もその一人であります。オリックスの粘り強さが際立つ日本シリーズであります。ともに良い試合であります。

オリックスの本拠地は神戸ブルーウェーブスタジアム、ほっともっとスタジアムではなくなったのでしょうか。何だか気付いたら大阪京セラドームになっているではありませんか。私がただ知らなかっただけでしょうか。

いずれにせよ、ヤクルト、オリックス良い試合を繰り広げてくれているように思います。今年はオリックスを応援しています。ここ何年も私が応援しているチームが優勝できていない様に感じますが、頑張れ、オリックス。

営業、営業でないに関わらずみんな営業であります。

企業の中で営業の部署と、営業でない部署と分かれていたりもします。中小企業においては人員もおらず線引きなくみんな営業という会社もあります。営業、営業でないに関わらずみんな営業であります。

営業の部署で営業をすることが営業でもないと感じています。営業をしない事も営業であると感じています。それには情報の共有が必要でありましょう。成果が出た、まだ出ていないに関わらず情報も共有が必要でありましょう。

情報の共有をしている方が成果は伸びる。同じプロセスでも情報を共有している方が成果は伸びる。情報を共有することが成果を伸ばすとも言える。

情報の共有はお互いのスケジュールの共有だけではない。プロセスの共有、進捗の共有が情報の共有であると私は思っている。何をプロセスを共有しても、進捗を共有しても自分が当たっているんだから結果は変わらんだろ、それを知ってどうすると一見思いますが、違うと感じています。

私がまさにそうであったから、会社員の時が、自分で営業をして、自分が動いているんだから、詳細を報告、共有する事はあまりしようとしなかった。しかしそれは良くなかった、間違っていたかもと感じています。情報を共有しておけば良かった、もっと情報を共有しておけば良かったと今感じています。無駄な情報も含めもっと情報を共有しておけば良かったと思っています。無駄な情報を言うまで情報を共有するくらいの方が良いと思っています。

話は戻りますが、これこそが営業だとも感じています。営業はもちろん営業、営業でない事も営業であると感じています。昔いた近所のおせっかいおばさん、話をしたがる、話を聞きたがる、そのためにただ道端に立って人の流れが起きるのをじっと待っている。家の前の道路を掃除しているフリをして、ほうきを持って道端に立っている。

私が大学生の時、私のアパートの前のおばさんがまさにそれでした。ほうきおばさん。ほぼ朝は8時から10時半くらいまではその係でした。片手にほうきを持ち、キョロキョロ、行きかう人に隙あらば話しかける。人通りがなくなると、電柱、電線にとまっている、すずめやカラスをほうきでカンカンして脅す。すずめ、カラスとも情報を共有、コミュニケーションをしていたのかもしれない。

湾岸線を通ってみると。

朝7時から車で2時間行ったところ。今関西各地の高速道路で大規模な工事を長期間しております。

先日名古屋にても高速道路に乗りました。名古屋にても大規模な工事をしておりました。ガッツリの工事をしておりました。今は日本全国の高速道路で工事をしている状況でしょうか。

今まで湾岸線を通る機会が少なかったですが、こうして湾岸線を通ってみるとなかなか良い景色、乗り心地であります。今後も湾岸線を活用してもいいのかなと思っています。そして湾岸線は常に渋滞がなさそうな気がしてきました。

3車線がメインの高速でもあり、路面のコンディションも良し。湾岸の景色も良し。十分にありな道路であります。

家を建てるなら。

家を建てるなら、自分なりにこだわりたいところはある。その時々でそのこだわりは変化していくものでしょうが自宅にはこだわりを見せたいものであります。

駐車場は1Fビルトイン、もしくは地下掘り込みのガレージ、玄関は無駄に少し広く、少し大きなリビング、2m65cm以上の天井、床から天井まで張られたドア、ダウンライト、キッチン、ダイニング、リビングの一体感、無駄に大きな洗面所、2m50cm以上の鏡、家全体の間接照明、螺旋階段、壁を大きくぶち抜きガラス張りに、ゴルフシミュレーションルーム、小さな中庭、ウォークインクローゼット、書斎、ゲストルーム、応接室、新しめの家よりかは少し古く趣のある家が良い、古い昔のレンガ仕様など尚更良し、などなどやりたいことは沢山ある。

もちろんこれ以外にも家に対するこだわり、建物に対するこだわりはこれからさらに持っていきたく思っています。

29歳の時に一軒家を建てました。

鳥取の田舎育ちという事もあり、一軒家に住みたいという思いがありました。

いざ家を買おうとする日まで、ネットで情報は何となく拾っていましたが情報を拾いまくっていた記憶もあまりありません。不動産屋さんに行ったこともありませんでした。新築の見学、戸建ての下見に行ったことはありませんでした。

唯一六麓荘の戸建てに見学に入った記憶はあります。中古戸建築年数も価格も覚えてません、こんな時でないと六麓荘の戸建てに行く事は出来ないのでという事で見学に行きました。家族で家を買おうとは話はしておりましたが、不動産屋さんにもいかない、見学もしない、ただただネットだけ見ておりました。

そんなある日、来ましたちょっと家を見てきなさいとなるのです。いい家を見てきなさいとなるのです。午前中割と早めから、初めて不動産屋さんに行きました。家を下さいと不動産屋さんに行きました。駅から近くというアバウトな条件を持って行きました。

一件目見に行きました。私なりにまあまあかな、まあまあ本当にまあまあ。ひとまず家族に資料を見せて外の見学に行きました。中を見るまでもなく一瞬で却下されました。やり直しです。

二件目の資料を見ました。おっ、これはいいかも、しかし値段も当然それなりのものになってくる。不動産屋さんと家の前まで下見に行きました。その資料を携え再度一旦家に帰りました。良さそうだが当然に値段が変わってまいります。

家族に資料を見せ一緒に現地に行きました。立地外観を見て、良し中に入ってみようとなりました。家を軽く一通り見て、うん、良しこれにしようとなりました。まだ二軒目です。二軒見ただけです。内装まで見たのは実質この家が一軒目です。探し始め3時間くらいしか経っていません。この家を見て下見は終わりにしようとしています。

家を買うという私の決心が追いつかずにいます、全然追いつかずにいます。もう、えいっという気持ちでその家を買いました。