[ソーシャルビジネス部] こどもが好きなときに街のお店で食べられる「ドコデモこども食堂」開始

ソーシャルビジネス部よりお知らせです。

株式会社シャルマンのGM(ジェネラルマネジャー)東信吾が新しい団体を設立し、「ドコデモこども食堂」をスタートします。

食事に困っている子ども達に自宅の近くの飲食店で食事をしてもらうというプロジェクトです。

地域や行政を巻き込んだ支援を作っていきます。ご支援頂ける方は、下記のクラウドファンディングより何卒宜しくお願い致します。🙇‍♂️

▶︎ ドコデモこども食堂の詳細ページへ(クラウドファンディングREADYFORのサイトに飛びます)

こどもが“好きなときに行ける”
「ドコデモこども食堂」とは?

「ドコデモこども食堂」は大人たちからの“寄付”によって、食事や見守りを必要とする家庭に毎月3,000円分のクーポンチケットを届け、それを地元の飲食店さんに持って行けば食事ができる仕組みです。

皆さまからいただくご支援金は主に、こどもたちの食事代に充てさせていただきます。

一般的なこども食堂は開催が不定期であるケースや、月に数回程度と限られているケースがほとんどで、食事に困ったこどもたちが必要な時に利用できないもどかしさを抱えています。

その大きな要因が、人材と資金の課題にあります。

私たち明日へのチカラは、特に人材や資金の援助を受けづらい地域の小規模なこども支援団体をサポートしたいと考え、「ドコデモこども食堂」立ち上げの話し合いを重ねてきました。

まずは、全国的に見て虐待対応件数や生活保護受給者が多いなど、複合的で多様な課題を抱えている大阪府からの提供開始に向けて、大阪市西淀川区の団体さんたちと連携を進め、2023年2月にテスト運用を開始します。

理事 東 信吾より

有り難いことに、私自身はこどもの時に食事に困る経験はしませんでした。しかし世の中には多くのこども達が食事に困っています。日本でも1日に1食しか食べれないこどもがいます。

「ドコデモこども食堂」は地域のこども支援団体の協力のもと、各家庭に1か月3,000円の食事チケットを配布します。日頃外食できないこどもたちが家族と一緒に近くの飲食店で食事をする光景を思い浮かべると、とても心が温まります。同時に地域の飲食店にも貢献することができます。

私たちはこの活動を全国に広げていきたいと考えております。今回はそのスタートとして、多くの人にサポートしていただければ幸いです。


みなさまぜひご支援のほどよろしくおねがいいたします✨

\部活動予定は公式LINEで配信中/